今年の夏はアイスティーで!

暑い夏、何をメインに飲んで過ごすか?今年もぼんやり考えた。とりあえずアルコールじゃなくソフトドリンクの中で候補をあげてから理屈をこねようと、ごそごそしていたら、なんとぴったりKさんのログが倉庫に眠っていたので、虫干ししてみたよ。



紅茶を冷やす

 夏になると、私はアイスティーを飲むんです、基本的にね。熱湯で淹れた紅茶を氷たっぷりの大きなタンブラーに注いで、冷えたところを飲む。この時、氷が溶けた時にちょうどおいしい加減になるように紅茶を出すのが難しいわけだ。少し濃いのがうまいような気になるけれど、濃い紅茶が冷えるとタンニンの渋味だけが飛び出て来て、歯の裏がギシギシするんだ。これは、アイスティーではなく単に紅茶が冷えたようなもので、まずい。
 この体験を何度もしていたので、ユダヤ人の女性が書いたワイン・テイスティングの本を読んだ時、タンニンの味わいの練習をするために冷えた紅茶を口にするというのを発見した時に、なるほど! とそれこそ膝を打つ思いだった。
 それはそれとして、濃いのは駄目かというとそうでもない。ティーバッグを2つ使ってサッと濃いめの紅茶を出して急激に冷やすと、元々タンニンがそう濃く出ていないので渋くない濃いめのアイスティーができる。でもね、ちょっと一杯の冷たいお茶を飲むのにティーバッグ2個は私には許せないわけです。けちというより、そういうもんじゃないでしょうに、と思う。
 目分量でやるからこういうことになることはわかっている。そこで今年からは、ティーサーバーを使うことにした。あったんですよ家にそういうものが。細かい眼の金属ネットを上から押し下げて茶葉を漉す仕掛けの、お手軽サーバー。でも、あれは本当はコーヒーサーバーなんだそうで、そのことは去年知った。あの金属ネットの眼の細かさを考えれば納得がいく。でも、日本中があれは紅茶の道具だと思っているのがおかしい。なにしろ、あのコーヒーサーバーでコーヒーを淹れてくれる人を見たことがない。
 いや、それがあるとだね、一杯分はここまで湯を入れるというドットが打ってあるので、そこまで熱湯を注げば大体毎回同じような濃さのアイスティーができることになる。これがなかなか気にいっている。日本のお茶は基本的に冷やして飲むようにはできていないので、冷たくするとおいしくない。昨今のペットボトル入りはかなりおいしく作ってあると感心するけれど、いけません。日本茶は温かくして飲むものと思った方がいいと思う。
 冷えると決定的な欠点、香りの無さが露呈する。
 その点紅茶は発酵させた香りがちゃんと残っているので冷やしてもまぁ、うまい。でもね、紅茶も正しくは温かいものを飲むのではないかと思っていたが、インドを植民地にしている頃の様子にアイスティーを飲んでいる情景があるようで、かの地で熱いお茶を飲むのにたえられなくて冷やして飲んだか、と、思ってから、私はイギリス人も冷やして飲むんだからいいんだ、と思うことにした。私は、かなりいんちきな人間だが、正当を求めるところが奇妙な部分に残っている。
 そういうことで、私はアイスティーを飲むのが正当であると自信を持って飲み、うまい 淹れ方もおおよそでき上がったので、この夏はこと飲み物に関しては問題は無いということになった。