どうする?テレビ

貧乏な我が家にまったく想定外だった液晶テレビ(画面小さいよ)がやってくる原因となった、大型ブラウン管(トリニトロン)テレビの老衰断末魔事件の顛末。おりしもこの前日、わが家の地域にデジタル地上波が到達している。03.12.02記


老トリニトロンブラウン管テレビの最期

 昨日からテレビの地上波デジタル放送が始まったそうな。はしゃいでいるのはテレビ局と電気屋だけのような気もするが。まあ、いまんところは大都市のほんの一部の地域だけだから、ほとんどの人は関係ない話。ウチの家は大阪の北外れなので、入るのかどうだかは知らないけれど、そんなことより、もう半年もテレビを壊れたままホッタラカシにしているのだから、どうしようもない。じゃあなんで買わないのかというと、ヒトコトで言うと金が無いからなのだけれど、その壊れ方というのが中途半端なのである。スイッチを入れても30分は、真っ黒な画面のままなのだが、あるていど時間が経過すると画像が映る。最初は10秒くらい映って、また10秒くらい真っ暗になる。さらに時間が経過すると30秒くらい映って5秒くらい消えるようになるというふうに、だんだん見られる時間が長くなってゆく。壊れ始めのころは、時間が経つと、忘れたころに数秒消える程度だったのだけれど、今や病状が進行して、30秒/5秒から一向に改善しない。ず〜っとその状態が続く。もはやマトモには見てはいられない状態なのである。

 これが、イッキに今の状態になったのであれば、即、粗大ごみなのだが、人間というのは恐ろしいもので、じんわり徐々に状態が悪化してきたので、その状態に体が慣れてゆくのであった。見たい番組があると、その数時間前に電源を入れておくようになる。そうすると番組が始まるときにはそろそろ点滅の周期が遅くなっている頃合いになる。それを我慢して(というかそういうものだと諦めて)見るのである。わが家の金主であるあたしがテレビを見ないものだから、買い替えの優先順位は低い。家族はそれも知っている。ところが今年は阪神タイガースの快進撃〜優勝という非常事態が起こったので、あたしもかなりテレビの前に座った。この症状、スポーツの生放送観戦にとって、これほどイライラさせられるものは無かった。

 マウンドの井川のアップ〜振りかぶる〜投げる〜画面消える(音声は出ている)〜打球音〜画面映る〜ゴロが外野を点々と転がる〜桧山がキャッチング〜2塁へスロー〜画面消える〜歓声が聞こえる、クロスプレーか?〜画面消えたまま〜アウトか?〜画面映る〜星野がベンチを蹴っている。ああ、藤本エラーやな、てな具合。どうも、中継カメラが切り替わると何か信号がでるのか知らないが、必ず暗転するようで、結局重要なシーンはほとんど見られないのであった。もっと可哀相なのはガキのテレビゲームである。ゲームをやっていて暗転すると、すかさずポーズボタンを押して進行を止め、再び映ると解除するという器用なことを行ってまで、ゲームをやっている。こう不自由だと、そのうちゲーム自体をやるのを止めてしまうだろうと思い、教育上そのほうがよろしかろうと、あえて知らんふりをしていたのだが、症状が進み暗転のサイクルが早くなってくると、アクションゲームだけ止めて、シミュレーションに切り替えやがった。

 さて、そろそろ買わにゃあな、とは思っているのだが、あたしは眼が悪いから小さい画面だとどうしようもないのだ。大画面のは高い。頗る高い。デジタル対応機のタイミングもあるし、液晶の薄型やハイビジョンのこともある。もっとも従来型のフラットブラウン管なら、大型のもガクンと安くなっていて買い時なのであるが、店頭に置いてある最新型の、大型液晶デジタルハイビジョンの映像がキラキラ輝いているのと比べると、なんとも虚しくてドデカイどんがらなのである。買ってしまえば結局それでず〜っと見続けることになるだろうから、宝くじ当選まで、もうちょっと我慢、我慢を繰り返し引き延しを図っていたら、どえらいしっぺ返しを喰らってしまった。プレステ2とビデオデッキが相次いで壊れたのだ。たぶんポーズボタンの使いすぎである。天はどうして貧乏人にこうまで冷たいのか。え〜い、くそお。