たかが野球

2004年シーズン開幕前のプロ野球雑感コラム。アテネオリンピックイヤーで長嶋ジャパンがすったもんだ。岡田阪神誕生。SHINJO、大魔神、ボビーバレンタイン監督がプロ野球復帰。の、そんな年。


堀内巨人は小久保ローズに江藤清原ペタジーニ。

 プロ野球のキャンプもたけなわですな。なんだかんだと言っても、ここん国のヒトは野球が滅法お好きなようで。毎年のことながら、オープン戦前の合宿練習だというのに、一般紙をはじめマスコミは連日、だれがああした、かれがこう言ったと、さかんに報道をしております。野球文化の危機なんつて色めき立っても、その筋のお偉方にしてみれば、これだけのマスコミ露出度に触れていれば、危機感などどこかへ行ってしまうのかも知れません。あとで慌てても知らないよ。

 今年は五輪イヤーにも重なってまして、ペナント途中で、もうひと揉めありそうな気配ですが、マスコミにとっちゃ願ったりてなもんで、話題には事欠かない様子。長嶋ジャパン、賛否両論かまびすしいパ・リーグのプレーオフ実施、6球団での新監督誕生など話題的には「野球」がダントツに注目されるのは間違いありません。「たかが野球」ですが、もつ焼&ホッピー片手に居酒屋の油まみれのテレビを観ながら下品に語らうのにはやはり野球が適当(ベースボールのほうじゃありませんぞ)。サッカーだと、つまみに手を伸ばしたり、余剰ビールの排泄中などに唯一の点が入ったりしてしまいますからな。しかし、この「たかが野球」というフレーズを出すと、昔江川卓が出した「たかが江川、されど江川」という本を思いだしてしまいます。あたしは読んじゃあいませんが、これを茶化して誰かが「たかが江川、されどたかが江川」と言っていたのを、ウマイこと言うなあと思ったのがアタマにこびりついているんですな。そう、「たかが野球、されどたかが野球」ですわ。

 ま、でも今年のプロ野球は面白そうではあります。セ・リーグは、なんといっても「読売の独走」、これが約束されていないだけでずいぶん面白い。本当に約束されていないか、というとどうも怪しいんですがね。小久保、ローズの加入もあり、結局は押えの河原がピシッとしてしまえば優勝候補の筆頭ではあるんですが、この時期、まだその気配がないのが面白みを持続させてくれてます。しかし江藤清原ペタ…とダブリまくってる高年棒野手がつかえて上に行けないファームの選手に夢はあるんでしょうか? 大物採るなら余りを不人気のパ・リーグに放出すべき。この際はいっそ読売だけ二軍を廃止して、そのぶんの経費を「大物捕り」に回したほうが自然なのではないかと思いますな。先日堀内「悪太郎」が、マスコミに、清原のことを「番長」と書くなと通達したみたいですが、またケツの穴の小さいことを。んじゃキヨは「若頭」かなんかに昇格ですか。そのココロは自分が「組長」「親分」と呼ばれたかったりして。あんたにゃせいぜい悪太郎が相応だと思うが。

岡田阪神出帆、ルーキー鳥谷の加入。

 オカダ阪神も、野手がダブッてます。読売と同じようなことをやってるのに、そう悪くとられてないところは万年最下位だったオカゲでしょうか。競争がチーム力を底上げする、なんてね。得してますな。キンケードと鳥谷の加入で、当事者の藤本はともかく、ともすれば押しだされそうなのは、桧山、片岡あたりがピンチですか。関本、久慈、沖原なんてあたりは出番があるんですかねえ。外野も、完全復調なれば濱中を使って育てたいだろうし、金本のレフトはイニング連続出場記録があるんで途中交代のアキすら出ません。中村豊や平下、早川それに桜井や的場あたりも辛いなあ…怪我待ちか。開幕戦のオーダー予想すらほぼ不可能な状態。ま、こっちは気楽に愉しみにしてればいいんですがね。

 「オレ流」落合中日は不気味ですなあ。大塚は洋行しましたが、投手も先発押えとしっかり揃ってますし、川崎も戻ってきそう。福留なんか涼しい顔してポカスカ打ちますから、けっこう来ると思いますね。ヤクルトと広島はいくぶん地味ですが、新外人と4番しだいですか。でもって「大魔神」の横浜。佐々木がキッチリ投げられるのかはちと疑問ですな。ギャラードは大事にしておいたほうが良いと思いますが、ま、このチームは押えの場面に持ち込むまでが問題ですからなあ。

 さて、パ・リーグ。面白くなるんだか、崩壊に向かうのかよく分かりませんな。札幌に移った日ハムがいまんところ話題で一歩リードしてますが、蓋を開けて、新庄クンがどこまでやるものか。新聞をみてもウェブをみても、無茶な登録名にしたもんだから表記が「新庄剛志外野手(32=SHINJO)」とくどいったらありゃあしない。ここまでやるなら、いっそシャネルズみたく顔面黒塗りでプレイして気分だしたらどうかと思うんだが。大リーグ帰りとはいえ実力はどうなんですかなあ。阪神時代、敬遠のタマを強引にサヨナラヒットにしたことがありましたが、ああいう「芸」を全面に出すのですかな、客寄せ芸人の役どころとして。人気先行でイキなりコケる公算も大。いまのうちに薄野に「SHINJO大リーグ麺」てなラーメン屋でも出しときますか。焼豚は日ハムので。あ、もうやってるかも。ま、入来やセギノールも加入したことだし、ハムは面白そう。

 ロッテもなかなかですな。ボビー・バレンタインが監督復帰(あ、今日はバレンタインデーか)。韓国から大砲イ・スンヨプが加入、小宮山投手がまさかの復帰。それに加えて元エースの黒木がバリバリ復活すれば、かなり面白いですぞ。ハムもロッテも今年の鼻息の荒さは、勝率5割以下でもシリーズ出場の可能性があるプレーオフを見越した投資ですな。この変則プレーオフ、うまいこと行けば良いですが、このシステムでコケるともはや打つ手なし、崖っぷちですわ。あたしなんかはアッサリコケていただいて、プロ野球を1リーグ10球団くらいに再編したほうが、先が明るいような気もするんですが。パ・リーグもセが相手にしてくれないもんだから、自ら崩壊のほうに仕向けているフシもあるんじゃないのかね。近鉄もダイエーも景気の悪い話題ばっかだし。今シーズンのオフには一体どういうことになっているのやら。たかが野球ではありますが、まあ愉しみ。