くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  パン酵母で糖尿病対策

パン酵母で糖尿病対策

img_pan.jpg肥満の解消や糖尿病対策に「パン酵母」が注目を集めています。酵母は人の体内にも住んでいる微生物の一種で、ビタミンやミネラルを豊富に含み、体に有用な酵素を生み出して健康を保つ働きをしています。生活習慣病の予防において大切なことのひとつに腸内環境を整えておくことがあります。これが悪くなると免疫力の低下につながって、体にさまざまなトラブルを生じさせる原因となりますが、パン酵母はこの腸内環境を整える働きをするのです。

酵母にはたくさんの種類がありますが、なかでも最近注目されているのが、パン酵母の優れた健康効果です。パン酵母は糖分をエサとして食べてくれるので、血糖値を下げる働きがあります。またパン酵母は、悪玉菌がエサにしている脂質やタンパク質も食べて腸内環境を整えますから、便通も良くなって腸から十分に栄養を吸収できるようになります。



さらにパン酵母は、体の免疫力を高めると言われているβ-グルカンを豊富に含んでいますので、ガン細胞などにも有用な働きをすると言われています。血糖値の上昇を抑えて肥満も予防し、体の免疫力を高めるという、健康の維持のための高い総合力を持つ酵母が、パン酵母なのです。

このパン酵母を体に取り入れるには、サプリメントから摂取することが有効です。酵母が体に吸収されるためには腸まで届ける必要がありますが、途中で胃酸によって分解されてしまうので、ふつうの食物では腸まで届きません。サプリメントでは、パン酵母が胃酸に冒されず生きたまま腸に届けることができるようにコーティングをしているので、十分に働くことができるのです。


スポンサーリンク

パン酵母で糖尿病対策の関連記事

くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  パン酵母で糖尿病対策

▲パン酵母で糖尿病対策トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information