くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  音波式 電動歯ブラシ比較

音波式 電動歯ブラシ比較

img_haburashi.jpg電動歯ブラシの種類は多く、それぞれの製品の付加価値も異なっていますが、試用ができないものだけに購入時には迷ってしまいがちです。ここで比較する音波式の電動歯ブラシにおいて数値的に比較しやすいのはブラシの振動数ですが、いくら振動数が多くてもキチンとしたブラッシングの技術を身につけていないと効果は半減します。自分の歯の大きさや歯並びに合ったブラシの振動数、大きさ、振動の方向、振動の幅、また重さやグリップの持ちやすさなどがマッチングすることが重要です。初購入の製品がベストマッチすれば最高ですが、ある程度の試行錯誤は仕方ないところでしょう。ここでは実勢価格10000円台クラスの音波式電動歯ブラシ4種を紹介します。各製品の特長を購入の参考にしてください。

◯ドルツ EW1044P(パナソニック):パナソニックのドルツ音波式電動歯ブラシは、毎分約31000ストロークの高速振動をします。ブラシはヨコに動き、振幅は約1mmとかなり細かな動きです。押し当て過ぎ防止機能搭載なので、歯周病の人や虫歯治療中の人も使いやすく、イオンのパワーで歯垢を落としてくれます。また、完全防水なのでお風呂での使用も安心。リニアモーター搭載で、12時間のフル充電なら約60分間使用可能。替えブラシが比較的安価。実勢価格15000円前後。

◯ソニッケアー フレックスケアー R902(フィリップス):ソニッケアー音波式電動歯ブラシは、ブラシの動く方向はタテで振幅は約5mm。こちらも毎分約31000ストローク振動します。高速振動かつ広い振幅なので、使用感や使用後のツヤに満足度大。ただし、あるていど歯並びが揃っている人のほうが効果が高そうです。使用モードはクリーン、センシティブ、クリーン&ホワイト。30秒ごとにブザーの鳴るカドペーサー機能付き。携帯用の小型充電器付属。実勢価格17000円前後。

◯メディクリーン HT-B454(オムロン):こちらはやや安価なクラスのビギナー向け音波式電動歯ブラシ。毛先はヨコにワイドスイングします。振動数は毎分13000回と控えめですが、軽くて持ちやすいのが特長。5段階の速度切り替えが可能なので、初心者は弱い振動数から慣らしてゆくことができます。また、毛先をタテに動かすモードに切り替えて、歯垢落としやマッサージに使い分けることができます。お子さまならこの電動歯ブラシからはじめるのが良いかも。実勢価格10000円前後。

◯オーラルB デンタプライドデラックス D255364X(ブラウン):この音波式電動歯ブラシはブラシが丸形で回転式なのが特長です。振動数は毎分8800回ですが、回転するので単純に比較はできません。回転式のブラシは歯周病の人にはやや痛みを感じるかもしれませんので、歯茎の状態の良い人や、まだ年齢が若く歯茎が元気な人に向いています。丸形回転式は奥歯の汚れを落としやすいので虫歯の予防に適しています。しかし前歯は多少磨きにくく感じるかもしれません。実勢価格は15000円前後。

スポンサーリンク

音波式 電動歯ブラシ比較の関連記事

くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  音波式 電動歯ブラシ比較

▲音波式 電動歯ブラシ比較トップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information