くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  Nike+でデジタルランニング

Nike+でデジタルランニング

img_nikeplus.jpg
最近話題のナイキのNike+(ナイキプラス)とアップルのiPod nanoを使ったデジタルランニングは、ナイキの対応シューズに装着した専用センサーがランニング中の走行データを計測して、その情報をiPod nanoの受信レシーバーに無線送信するしくみ。データを受信したiPod nanoの画面には走行距離やタイムなどのランニング情報が表示され、音声によって確認する事もできるというものです。トレーニング後にiPod nanoをパソコンに接続してユーザーサイトにデータをアップロードすれば、トレーニングの記録を管理・閲覧する事ができます。

デジタルランニングに必要なアイテムは、iPod nanoとナイキプラスの対応シューズ、それにNike+iPod Sports Kitの3点。揃えると3万円程度必要ですが、つらいトレーニングはモチベーションの維持が重要なポイント。自分のタイムや走行距離、カロリーの消費量などを数字で確認して、目標を設定すれば、走る意欲も増す事でしょう。iPod nanoに収録した楽曲を聴きながらのランニングも当然可能なので、苦しいときに好みの曲で自分にハッパをかける事もできます。シューズに装着したセンサーが着地時の圧力などを感知して距離や速度などのデータをiPod nanoに送信、表示します。

ランニングの前に、iPod nanoのコネクターにNike+iPod Sports Kitのレシーバーを装着すると、データの受信が可能になります。次にNike+iPod Sports Kitのセンサーを対応シューズに装着します。センサーはシューズの中敷きの下になる収納スペースにはめ込んでおけばオーケーです。そして、自分の走りやすいモードを選択。モードは「距離ワークアウト」「時間ワークアウト」「カロリーワークアウト」などがあり、あらかじめ設定した数値に達すると音声によって知らせてくれるので、ランニングの状況を把握するのに便利です。

Nike+によるデジタルランニングには、ランニングを楽しくさせてくれるアクセサリもたくさん揃っています。「Nike+スポーツアームバンド」は、iPod nanoを装着して腕に巻き付けられる専用のバンド。スタイリッシュなうえ走行中の操作に便利です。また、「Nike+iPod WatchRemote」は腕時計タイプの専用リモコンで、走行中の音量調節や選曲などをこのリモコンの操作で行なえる優れモノです。ほかにも、iPod nanoの収納ポケット付きトレーニングウェアなど、走りを楽しくするアイテムが揃っています。

iPod ニューモデル
NIKE+対応シューズの製品ラインナップ

スポンサーリンク

Nike+でデジタルランニングの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  ヘルスケア >  Nike+でデジタルランニング

▲Nike+でデジタルランニングトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information