くらしのガジェット通信Top >  生活家電 >  エネループバイク

エネループバイク

img_eneloopbike.jpg三洋電機のエネループ(eneloop)ブランドのラインナップに、エネループバイク(eneloop bike)という電動ハイブリッド自転車が加わりました。エネループは繰り返し充電が可能な二次電池の代表的ブランド。その技術とコンセプトは充電池をはじめエネループカイロ、空気清浄機など幅広い製品に展開していますが、走りながら充電する電動アシスト自転車に発展させたのがエネループバイクです。

電動アシスト自転車は、従来、道路交通法の規制によってパワーアシストの比率が、人力:モーター=1:1までと定められていましたが、2008年12月の法改正により、時速10km未満の場合のモーター補助力が最大2まで出せるようになりました。この改正を受けて、新基準では坂道や荷物を載せての発進時などに大きなアシストを得られるようになり、より安全・快適に乗れる電動アシスト自転車にパワーアップされたのです。ただし速度が24km/hに達するとモーターのパワーが0になるのは改正前と同じです。

エネループバイクは、この新基準に対応した電動ハイブリッド自転車です。エネループバイクの大きな特長は、自転車に乗ったまま発電を行なってバッテリーに充電する「ループチャージ機能」が搭載されていること。これは下り坂で慣性走行した場合や、ブレーキ操作を行なったときに回生発電をするもので、回生充電なしの電動アシスト自転車にくらべて約1.8倍の走行距離を実現しています。

また「オートモード」という機能では、平地や登り坂、下り坂といった路面の諸条件を内蔵センサーが感知して、変化に合わせて適当なパワーアシストと回生充電によるエコ走行ができます。専用充電器による充電は必要ですが、従来の電動アシスト自転車で必要だった充電回数をかなり減らすことができます。また、エネループバイクは両輪駆動方式を採用しており、後輪はペダルによる人力駆動、前輪をアシストするモーターで動かします。前後のタイヤでしっかりと地面を捉える事ができるので登り坂などでの安定した走行を可能にしてくれます。

◯電動ハイブリッド自転車 エネループバイク CY-SPA226W(サンヨー):リチウムイオン電池搭載の上位機種。26型、モーター出力250W、内装三段変速、バッテリー定格25.2V - 5.7A、アシスト走行距離は回生充電なしの場合57km、ブレーキ充電のみ75km、オートモードで100km。重量22.8kg。価格は136290円。ほかに搭載バッテリーにニッケル水素電池を採用したモデルや仕様違いなど、24型から27型まで5モデルがラインナップされています。価格は91140〜99540円。

SANYO電動ハイブリッド自転車の製品ラインナップ

スポンサーリンク

エネループバイクの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  生活家電 >  エネループバイク

▲エネループバイクトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information