くらしのガジェット通信Top >  生活雑貨 >  携帯エスプレッソマシン ハンドプレッソ

携帯エスプレッソマシン ハンドプレッソ

img_handpresso.jpgハンドプレッソは携帯できるハンディタイプのエスプレッソマシン。フランスで開発されました。電池や電気が不要なので、山や海のキャンプやピクニックなどのアウトドアをはじめ、旅先やオフィス、もちろん家庭でも手軽に携帯して本格的なエスプレッソコーヒーを楽しむことができます。携帯型ながら業務用や家庭用のエスプレッソマシンに匹敵する味が得られ、何回いれても同じ味が出せます。

ハンドプレッソの外観は、自転車の空気入れに似ていますが、そのしくみはエアポンプによる手動の加圧抽出式なのです。十分な気圧をコーヒー豆にかけるので、豆本来の成分がきちんと抽出され、おいしいエスプレッソを作ることができます。世界共通企画のコーヒー粉パック、「カフェポッド」を使用しますので、どこでも誰でも簡単に本格的なエスプレッソやカプチーノを味わうことができるのです。

コーヒー粉とカフェポッドが両方使える、ハンドプレッソハイブリッドバージョンもあります。

ハンドプレッソ ハイブリッドバージョン

エスプレッソの入れ方は、ハンドプレッソのボディからノブを引き出してポンピングし、エアタンクの内圧を高めます。ボディにあるメーターの針が緑の位置に入ったら、ウォータータンクのキャップを外してお湯を入れます。あらかじめタンクとカップを温めておくと良いでしょう。そして本体内部のホルダーにカフェポッドを入れます。カフェポッドはESE規格(44mm)に対応しており、コーヒー専門店や百貨店、ネットショップなどで販売されています。あとはボタンを押せばオーケー。小気味の良い音をたてて抽出が開始されます。最後にはきめ細かな泡の「クレマ」も流れ出て、本格的なエスプレッソが出来上がります。

カフェポッドにはさまざまな種類が揃っていますので、好みに合わせて選ぶ愉しみがあります。また、カフェラテも簡単にできます。ミルク60mlを温めてカップに入れておき、その上からハンドプレッソでエスプレッソを抽出すれば完成。さらに泡立てたミルクを加えればカプチーノになります。カフェマキアートもエスプレッソとフォームドミルクで作れます。どこでも気軽にバリスタ気分が味わえますよ。

◯ハンドプレッソ handpresso(大作商事):カフェポッド専用(ESE規格44mm対応)携帯型エスプレッソマシン。サイズ220×100×70mm。重さ480g。価格14700円。別売キャリングケース2100円。

ハンドプレッソ 関連製品一覧

スポンサーリンク

携帯エスプレッソマシン ハンドプレッソの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  生活雑貨 >  携帯エスプレッソマシン ハンドプレッソ

▲携帯エスプレッソマシン ハンドプレッソトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information