くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  カーペンターブロック

カーペンターブロック

img_block.jpgカーペンターブロックというおもちゃをご存知ですか? 正確にはカーペンターブロック・ミニ(CARPENTER BLOCK mini)と呼ばれる大阪発のアートトイなのです。シンプルにデザインされたわずか6種類の基本ブロックを想像力を駆使して組み合わせると様々な立体作品やインテリア雑貨が創れます。おもちゃのブロックで有名なLEGOブロックはどんどんパーツの形状が多様化してゆき、もはやプラモデルに近いのが現状です。6種類のパーツだけで造形してゆくカーペンターブロック・ミニのほうが子供の想像力を養うことができそうです。

カーペンターブロック・ミニが注目されているのは、そのアート性です。子供のおもちゃのブロックとしても優秀なデザインですが、アーティステックな作品が創れることで話題になり、日本よりもフランスやスウェーデンなどのデザイン先進国において高い評価を得ました。その流れからカーペンターブロック・ミニの5倍のサイズのパーツに製品化され、実用のインテリア家具として使用できるように発展した製品がRe:mo(リモ/カーペンターブロック・ボールド)です。

Re:moで組み上げられたソファーやテーブルは、スペースや使い勝手に応じた自由な機能や形状を持たせることができるうえ、ネジや特殊な工具を使う必要もありません。住居環境や家族構成が変化しても家具を買い替える必要がなく、ひとまずパーツに分解して再び新しい環境に適した形状に組み立てて使用することができるので、シンプルで無駄のない、新しい家具としての可能性を秘めているのです。

カーペンターブロック・ミニで形状を試作し、Re:moで実際のインテリア家具として現実化する発想はユニークです。カーペンターブロックはパリのルーブル美術館に併設されているルーブル装飾美術館の永久収蔵品となるなど、その創造性・アート性は世界で認められています。開発・販売しているのはSOZ(ソズ)。製品パッケージには Made in Osaka Japan と明記されています。

カーペンターブロック・ミニ(CARPENTER BLOCK mini)のセットは通販等での購入が可能。実物大のインテリアを組み上げるリモ(Re:mo)も直営店のSOZ STOREなどで購入できます。まずはカーペンターブロック・ミニでシミュレーションを行ない、検討ののちRe:moで実際の家具を組む。誰でも自分の思うままに家具をデザインできるのがユニークですね。大人も子供も想像力を鍛えながらデザインを楽しむことのできるカーペンターブロック・ミニとリモ。ギフトにも喜ばれそうです。

カーペンターブロックの製品バリエーション

スポンサーリンク

カーペンターブロックの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  カーペンターブロック

▲カーペンターブロックトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information