くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  卓上カーリングゲーム

卓上カーリングゲーム

img_curling.jpgカーリングは氷上のチェスともいわれる知的なスポーツ。その魅力を卓上でリアルに楽しめるのが、BlitzerのカーリングテーブルゲームBC1です。カーリング競技は冬季オリンピックで日本の女子チームが活躍し、チーム青森のマリリンこと本橋麻里選手やトリノでスキップを努めた小野寺歩選手が脚光を浴びたので興味を持った方も多いと思います。

卓上で遊べるカーリングテーブルゲームは、多人数で楽しめる手軽なパーティゲーム。TV・PCゲームにはない臨場感が魅力です。アクションは単純ながら微妙な力加減やストーンの動きがリアルで、多彩なショットや奥深い戦術を織り交ぜてプレイすれば盛りあがります。ルールはゲーム用に簡略化されたものになっているので競技に詳しくなくても気軽に楽しめます。

Blitzerカーリングテーブルゲームのストーンはハンドルが施されているリアル仕様。実際はおよそ20kgもある石ですが、ゲームには鉄球を内蔵した直径25mmのプラスチック製ストーンが18個付属していて、ゲームには16個を使用します。またプレーンストーンという、より滑らかに滑りリアルな動きをする上級者用のストーン(直径22mm・ハンドルなし)がサンプルで4個付属していて、微妙な力加減をマスターしたプレイヤーはレベルアップ。16個セットをオプション販売で購入することができます。そのほか、カーリングテーブルゲームにはカーリングストーンを持ち歩くためのストーンポーチが2個、テーブルが水平に設置されているかどうかを調べる水平器が2個、そして取扱説明書兼ルール解説書が付属しています。

ゲームは2チームに分かれ、ポジションは投げる順にリード、セカンド、サード、スキップと呼ばれ、両チームが交互に一投づつ8投行い計16個のストーンを投げ終えて1エンド終了です。通常の試合は8エンド、公式試合では10エンドで競技されます。通常は後攻のほうが有利とされ、状況に応じ相手にわざと最少得点を与えて次のエンドの後攻を取る作戦など、緻密な戦略とショットのテクニックが要求されるので、ハマってしまうと奥が深くて病み付きになること請け合いです。またインテリアトイとしてお部屋のアクセントにするのもおしゃれです。

◯カーリングテーブルゲームBC1(Blitzer):サイズ長さ1220×幅340×厚み20mm/重さ約5.4kg/材質MDF樹脂/実勢価格8300円前後。

スポンサーリンク

卓上カーリングゲームの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  卓上カーリングゲーム

▲卓上カーリングゲームトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information