くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  アイソボット

アイソボット

img_isobot.jpgアイソボット(i-SOBOT)はタカラトミーが開発した、身長16.5cmの小型二足歩行ロボット。おもちゃとして身近に楽しめる大きさと価格で製品化されました。二足で立ち複雑な動きが簡単な操作でできるうえ、コミカルなしぐさが楽しい人型ロボットです。2008年の経済産業省のロボット大賞を受賞し、グットデザイン賞金賞も受賞したおもちゃです。

アイソボットの正式名称はオムニボット17μアイソボット。「世界で最も小さな量産されている人型ロボット」としてギネスブックに認定されています。17μというのは、アイソボットの関節を動かすのに使用されている、「サーボユニットμ」という小型モーターを17個使用しているから。ジャイロセンサーを搭載して歩行時のバランスを自動補正して微妙なバランスを保つようになっています。

コミカルなアクションと音声もアイソボットの特長です。多彩なアクションは約200種類ものパターンがあり、話したり、演奏したり、効果音を演出したりできます。操作モードも、「リモートコントロール」「プログラム」「スペシャルアクション」「ボイスコントロール」の4種類が楽しめます。音声認識も可能で、「前進」「こんにちは」などと話しかけると、ユニークなリアクションをしてくれます。

アイソボットのキャラクター設定は、「陽気な三枚目」とのこと、アニメの主人公ロボのような、キックやパンチなどの動きはもちろん。エアギターや犬の物まね、三三七拍子のフリなど、おもわず微笑んでしまうような動きを見せてくれます。安全性にも配慮がなされていて、動作終了後のモーターはすぐに電源が切れるように制御され、指を挟んでもケガをしにくくなっています。

アイソボット(i-SOBOT)は本体、コントローラー、エネループ充電池のセットで標準価格が29800円(税別)。本体色は、ホワイト×ブルーのほか、ブラック×シルバーグレーのブラックバージョンがあります。

スポンサーリンク

アイソボットの関連記事

くらしのガジェット通信Top >  玩具・ゲーム >  アイソボット

▲アイソボットトップへ↑

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information