野口みずきの「金」を最後に急速に萎んだ日本。

 なんか、野口みずきの女子マラソンの「金」を最後に急速に萎んだ感のある、日本のアテネ五輪。その「ミッドウェー海戦」となったのは、やはり「野球」のチョンボだろう。マスコミの論調では「よくやった」「仕方がない」てなところが主流のようだが、あたしは、もうなんとも「情けない」思いばかりである。ヒマにあかして日本の全試合を生中継で観てしまったうえで言うと、選手の顔ぶれに頼りすぎで、あまりにも作戦がずさんだった。なにも予選リーグに全勝しなくても、決勝戦に残って、それを勝てば良いわけで、露骨な「銀」狙い、あわよくば「金」という豪州の戦略などは、ツメの垢を煎じて飲ませていただいたほうが良い。監督経験もない「ナカハタジャパン」にアタマを使えと期待するのは無茶なことかもしれないが。

 まあ、「ナガシマジャパン」のブランドで、盛り上げに掛かったのに、ご当人が倒れてしまったというのは誤算ではあったけれど、選手の真剣味は、アジア予選のほうが数倍高かったように思う。やはりエーゲ海の風と陽射しは、「野球」の本質を忘れてしまっているプロ選手達を緩ませたか。高校野球の超優勝候補校でも、滅多に勝ち上がることが少ないのが野球だ。オカダはんが良く「0点じゃ勝てない」とぼやいているが、豪州戦もしかり、それまでの全試合いっぱいいっぱいで臨むというのは、あまりにも生真面目すぎないかと思ったがどうか。村松やキムタク、相川なんかをスタメンで出せば良かったに。それにしても安藤はなにしに行ったんや。

 完璧な「金」を目指すのであれば(そんなもの目指さなくてもよいが)、今回の体制では駄目である。プロ選手をつかうのなら、プロ野球のペナントレースは中断する。そんでもって、各チームから何人というのも良くない。バランスのとれたチームを軸に、投手と強打者を他チームから加えるというのが良い。現在なら「ダイエー」のスタメンをもとに、松坂や上原、左右の強打者や抑え投手をプラスするのが一番強いのではないか。五輪イヤー前年の日本シリーズ優勝チームに中心となる権利を与えるのも面白いかなと思う。いずれにせよ、五輪に野球は似合わない。やはり「試合時間が長すぎ」るのだけは、どうしようもない。このうえワールドカップなんてやるのなら、五輪の野球もサッカーのように、年齢制限を設けたほうがスッキリするのかも。

野球の失速で意気消沈。救ったのは競泳自由形「金」柴田亜衣選手の快挙!

 日本企業が色気を出して奉った「ナガシマジャパン」つうのは、どうも気分が良くない。なんか次の北京にも繰り越されそうな雰囲気だが、なんとかならんものかなあ。そんでもってあの、激励のファックス、ギャラに換算すると、いったい一枚あたりナンボの原稿料になるのだろう。その長嶋さんの意気込みも、通しで観てみると、「野球の伝道師」はジャパンの選手ではなく、豪州のジェフ・ウィリアムス(阪神)に見えてしまったもの。なんのこっちゃ。伝道師どころか、前振りが派手だったぶん国民に与えた落胆度は大きい。これで日本の野球はますます窮地に陥ってゆくであろうことを確信した五輪であった。

 後半の日本選手の活躍の中で、手放しで快哉できたのは、競泳女子800m自由形で「金」を獲得した、柴田亜衣選手の快挙である。なんと言っても「自由形」での一番というのは凄い。野口の優勝は、高橋でもありなん…という感じもするが、これらは文句なく、日本選手の地力がついてきた証しである。北島の制覇もしかり、根性から科学へ金の使い方も定着してきたあらわれか。ようやく日本人も、数々の呪縛から脱却して世界に立ち向かえるようになってきたのかと感慨ぶかい。個人競技の健闘が目立ったが、この積み重ねが続けば、そのうちに団体競技の底上げにも繋がってくるかもしれないので期待したい。それにしてもシンクロなどの「採点」競技というのは、いいかげんに廃止にならないものだろうかね。別ジャンルの大会でやりゃいいと思うんだが。



アテネオリンピック観戦記2

2004年アテネオリンピックを振り返る。プロの最強軍団を長嶋監督が率いるナガシマジャパンで大いに盛り上がるはずの野球だったが、監督の脳梗塞発症、角チームの代表選手の制限要望等で萎んだあげく、最後は打てずにメダルを逃す。救いは女子マラソンの野口みずきと競泳女子自由形800m、柴田亜衣の「金」だった。