朝青龍がコケて、新大関白鵬が優勝。関脇雅山が決定戦まで絡んで白熱の展開。

 いやあ、ひさびさに面白かったですな、大相撲夏場所。
 ノッケに朝青龍がコケてしまったおかげで、幕内の星取レースががぜん混戦含みになり、それに釣られて、ではないんでしょうが十両も盛りあがりました。しかしま、裏を返して言うと、朝青龍の実力がそれだけ抜き出ているということなんでしょうがね。期待される日本人横綱の誕生なんてのは、またまた塵のように消えてしまいましたが、テレビ観戦をしていても、和製大関陣の覇気の無さが如実にわかりますから、こりゃ当分ありませんな。

 結果、新大関白鵬が優勝したのは、予定調和に近いものがありますが、ま、良しとしましょうか。しかし、なんといっても今場所の立役者は元大関、関脇の「雅山」ですな。和製力士が優勝争いに絡んだというのが、なによりでした。しっかしあの雅山が大関を張っていたつうのはずいぶん前のことですな。あたしが以前、CXの主催する『大相撲トーナメント』のお仕事をさせていただいていた時分に、一度「大関・雅山」入りのポスターを作ったことがありましたが、ありゃいったい何年前のこっちゃ? 少なくともあたしがまだ全然禿げてない頃でしたぞ。

まわし

 大関当時から思っていたんですが、雅山、しこ名が本人に合ってない。あの関取、どーみても「みやびやか」には見えませんわな。髷より工事用ヘルメットのほうが似合いそうなお顔でしょ。土建山とか重機山とかのほうがしっくりくる。でも、今回はナカナカ良き面構えと多彩な表情が見られて楽しかったです。あたし、応援しましたよ雅山。ま、今後はガタ崩れ→引退するような強い予感がありますが。


外国人力士勢では新入幕の把瑠都が愉しみ。和製三大関はまたもテイタラク。

 ガイジン勢では、やはり新入幕の「把瑠都」ですか。ばると、って場末のスナック見たいな当て字ですが、発音すると弾けているというか、強そうでナカナカ良いしこ名です。ところが本人のお顔立ちは、B級青春洋画の不良グループの一番後の方にヌボーっと立っている、家は金持ちだが体デカいだけでアタマの悪そうな役、みたいな感じでね。来場所以降が楽しみですが、どっちかというとプロレス向きのキャラだと思うけどなあ。でも、相撲を良く知らない、怪力のガイジン若手が出てきたのは面白いです。雅山戦なんて、思いっきり「髷」掴んでましたしね(笑)。あれ、朝青龍戦でも是非やって欲しいですな。本場所の土俵上で、ぶちキレた掴み合いの喧嘩が見たい。座布団が飛び、呼び出しも飛び、行司も審判部長も懸賞金もお茶漬け海苔の幟も飛ぶような乱闘が見たいです。

 モンゴル勢幕内力士はあまりにも数が増えすぎて、おまけにしこ名も紛らわしいのが多いので、どの顔が誰だったのかごちゃごちゃになってしまい、困ります。一度整理して各力士のイメージに合ったしこ名に変更して欲しいですな。あたしの贔屓は「旭鷲山」ですか。あの関取、インタビューとか楽しいしね。イイ人、つう雰囲気が滲み出ています。居酒屋で出会いたい力士の筆頭。「安馬」関は、キャラは良いんですが、顔が惜しいね。取り口は先代貴ノ花みたいなんですけど、顔がね。「旭天鵬」は好みではありませんが、憶えやすい顔です。あたしはジェンキンスさんの嫁、と憶えています。

 しっかし栃東、千代大海、魁皇の和製三大関は、あいかわらずのテイタラクですな。三力士ともいいキャラクターなのにね。栃東の眼上突起と張出頬骨なんて素晴らしい。魁皇はやたらと胸をさすってましたが、家でヨメの元レスラー「ミっちゃん」に蹴りを入れられたのではないのか?千代大海の取組中継では、元師匠「北の富士」の解説が面白いのでラジオとテレビを探して出ているほうにします。前半好調でもほとんど信用してないところが面白い。で、毎場所それがピッタリと当たる。駄目だこりゃ。


2006年大相撲夏場所雑感

平成18年 大相撲夏場所千秋楽、白鵬−雅山の優勝決定戦が行われ、白鵬が初優勝した。