mixiのサービス開始は2004年2月。それよりおよそ半年遅れの8月に入会したが…


▲NO PHOTO画像は昔のほうが良。

 もはや会員数1000万人を突破したと自画自賛している巨大SNS「mixi」。友人に誘われて、何がなんやらわからんまま参加してそろそろ丸3年になるが、いまだに何がなんやらようわからん。まあ、取説(ヘルプ)をちょいと見りゃ解決することなのかもしれないが、そんなもんは読まん人間なので、いつまでも首を傾げたり訝ったりしているのはあたしだけなのかもしれない。親切なヒトが教えてくれるかもしれないので、いちおうボヤいておくが、別に気になって眠れないというほどの問題でもないので、放っておいていただいて結構である。

 あたしが「招待」されたのは2004年の7月頃だったが、サイトを見に行って見て結構胡散臭いものを感じ、ひと月ほど入会をためらっていたので、実際に登録したのは8月だ。たしかこのサイト自体がオープンしたのがその年の春だから、半年ほど遅れての参加つうことになる。以前は自分のプロフィール欄に入会年月日が出ていたと思うのだけれど、今、いつやったかいなと確認しようとすると欄自体がもうない。タダのサービスだからユーザーをナメとるんかしらんが勝手にシステムをどんどん変えやがる。会員番号を見ると63000ナンボだから、10000000超らしい今から思えば前のほうでんな。あたしのマイミクの知りあいには3000番台のやつがいるけれど、ようそんな黎明期にこんなもんの存在に気がつくなあ。でもま、そういう早掴みの連中は、おしなべてもはや全然アクセスしとらん。早々に飽きて、次の流行りもんに行っとるつうことやろな。

会員は「コミュニティ」を必ず作らにゃならんものと勘違いして管理人に。

 入会に二の足を踏んだのは、すでに手前ェのサイトを持っていて、そこすら全然更新できんうえ、掲示板の書き込みに返信したりするだけでかなりの時間を食われてしまっているつうに、新たにミクシイ日記なんか書けるワケがないということと、人付き合いが面倒なタチで、友人を増やしたくもないので、なんらメリットがなかったからである。しかしま、商売柄、新しいモノにはある程度通じておく必要もあるかと思い、しぶしぶ入会した。使い方の要領を得ないので、ごちゃごちゃ弄っているうち、会員はコミュニティなるものを必ず作らにゃならんものと勘違いして、適当に「ヤドカリ」なんてコミュを立てた。あとで任意であることに気づいたが、もはや知らない人が参加してしまっていたので、責任上退会の選択肢を奪われてしまった形である。ま、その後はなりゆきで鋭意運営してますが。

 なもんで、あたしゃ非常に消極的な会員なワケで、マイミクシィは既知の友人のみに限定させていただき、それ以外の人からのお誘いやメッセ−ジメールには基本的に反応しないことにしている。友だち増えるのイヤだから(笑)。友だちを増やすと結婚祝や香典の数が増えて生涯出費が嵩むぞお。また最近「絵文字」なんて余計な機能を付けくさったので、ますます読むのが鬱陶しくなった。ま、コミュの「ヤドカリ」のほうは、創設管理人として、できる限り質問等に答えるべく心がけてはいますけどね。

 さて、あたしが不可解に思っていることをひとつ。開設当初から、プロフィール設定画面に「全体に公開」「友人まで公開」てな選択機能が付いているけれど、本人は自分のこの機能が正しく動作をしているかどうかを、一体どうやって確認すればいいのか? 建前上は自分のidでしか入れないわけだから、ヒトさまから見た自分のホームの状態を確かめることは不可能である。皆さんは主催者が言っているのだから間違いないだろうと納得しているのか?無料のサービスなのに?あたしゃ信じないね。

 というような疑問というか、???が沢山あるので、タイトルを「ミクシイの謎」にしたわけだが、前振りが長くなってしまい疲れて本題を書く気力が失せた。これ、あたしのいつもながらの悪い癖なんだけど、今回もだ(笑)。二回に分けて書くほどのコトでもなし、まあ、いいか。

 しかしmixiはいったいいつまで「β version」なのか。完全有料化や会員数1億2000万人でも達成したら正規版にするつもりなんだろかね。



mixiの謎

本文章は2007年6月の投稿。なので記述されている数字はすべてその時点での数値。その後、社会問題や事件もあり、機能や運営規約の改変なども進んでいるので、最新情報はウィキペディア等でご確認を。